2006年02月25日

大円(マ)ん?!

アニメというか、マニメ。
「今日から〜」最終話でした。

殆ど寝ていなかったにもかかわらず、一時間前からスタンバイ。
リアルで観てました。
(聴きました、ではない)


まだ、録画組みなのとか。
DVD待ちの人もいらっしゃるだろうから、感想は追記↓に。







ザビの全プレ用紙を書きながら、見てました。
お膳立ては全部前回までで済んでいて。

ムラ●ンの意味ありげな「眼鏡キラリン」も晴れて。
ゆーちゃん、復活!!

…驚きに眼を見張る十貴族(閣下と呼ばれる面々)+αの顔を見て。

今回の作画、最終回なのにまさか崩れてる????


と、密かに恐れおののいたのはナイショ。
(コンとヴォル▽の眼がなんとなく変に感じたんだもの〜)



で、NH●だからCMはないんだけど、ABパートの間にキャッチは入る。
その次点で。

「ああ、(こんな時間だから)後ろにも何か仕掛けはあるなぁ」

って、思ってしまいました。
果たして、その通りだったわけですが。(笑)

確証はなかったというのにユーリの背中を押したムラケ●、好っきやぁ♪


これ以上はないというお見事な大円満でした。
作りとして、お子様向けアニメ路線絶好調、なカンジ。

原作とはずいぶんと離れた所にきてしまいましたが。
その道のりの道中にはずいぶんとダレた思いも抱いたものですが。
こういうラストに持ってくるなら、ソレはそれでありだな、と。

構成の方、監督さん、脚本さん、お疲れ様でした。


次週からはまとめだそうで。(四月からはこの枠で「彩雲〜」)
監督がゲストなのだとか。
先日のイベントでは、実は目と鼻の先に座っていらしてたんですよね。
楽しみです。
posted by KOKKOH at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしやと思って 訪れてみれば
やっぱり記事がある〜(*^_^*)
こういうタイミング 激しくうれしいですね。

作画・・・確かに(笑)
「マ王」について言えば いったいどれがアニメの本調子なのか
それすらわかりませんでした。
ギュンターは 特に甚だしく崩れてることが多かったですしね(苦笑)

原作とは 離れてしまっていたんですね。
おしまいのほう ずいぶん詰め込んでるなあという気はしていたんですが。
コミックは どういう路線で進むのでしょう?

原作を今さら読む気には なれないのですが
ヨザックは もしかしてもしかしてなのか
それだけは気になっていました。
とりあえず アニメではご健勝のご様子
なによりでございました。
Posted by 如月カカシ at 2006年02月25日 11:19
期待にお応えできたようで何よりです。(笑)

今回の作画は、多少波はありましたが概ねイイ点で。
後半は安心して楽しめました。


原作は…ヨザックの生死が不明なところで「次巻に続く」なのでノー・コメント。
ただ、マニメの明るい路線とは離れてシリアス一直線です。
ゆーちゃんへの試練もテンコ盛り。
何しろ、コンラッドもまだ…ですから。


次の5月が楽しみというかなんと言うか。

Posted by 管理人 at 2006年02月25日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13748823
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。