2006年04月16日

バトンじゃないけど

ま、こーゆーのは色々出回っておりますので。
特に目新しいというわけではないのですが。

「ヒロイン傾向占い」

(管理人)さんは策略家 ヒロイン型です!

不言実行を信条とするタイプです。
自分の意図を他人に知られる事を嫌い、常に裏の裏を隠し持っています。
的確な判断力で周囲の信頼が厚く、リーダー的才能はピカイチ。
恋愛にはやや淡白ですが、一度好きになると激しく燃え上がる傾向があります。
基本的に、道理を深く考える思索派で、意思が堅く、独立心旺盛です。


【ヒロイン的傾向】
基本的には恋愛に興味を示しません。
相手のアプローチには当然気づいていますが「だから?」と一刀両断してしまいます。
しかし好きな相手が出来たら一変、まずは情報収集から始め、ありとあらゆる状況を考慮、
徐々に範囲を狭めていき、必ずや相手を掌中に収めます。
狙われた相手はもはや釈迦の手の上の孫悟空、逃げ道はありません。

情報だけが全てではありません、時には何も考えずに体当たりしてみましょう。


●好相性●
弱気、強気。



● (管理人)さんの開運衣装は、喪服です!





下記は私の反応。


「常に裏の裏を隠し持って」は確かだ。
だって、職場で声ヲタだなんてカミングアウト出来ないし。
声ヲタ仲間にも全てをOPENにして接しているわけじゃない。
だが「ジョハリの窓」の四つは誰にもある。私だけではない。

そして、リーダー的才能はないんだけどなぁ。
発破かけるとか、促すのとかけっこー苦手で。
自分自身が忙しさとか他の人の信念に流される傾向が強いから。
どちらかというとサポートタイプ。
教えるのは好き。
学生さん相手の時は楽しかった。
自分が意図した方向に学習を進めてくれた時には「やった」と思ったし。
解かりやすい例えとか、図とか、作るのも好き。

「基本的には恋愛に興味を示しません。」
…グッサリ。

「開運衣装は、喪服」
…冬物、夏物両方の喪服(着物)は持ってるけど。
コレって普段着るよーなものではないよーな。
つーか、私の場合、下手したら一生、袖を通さずに終るよ。
祖父母は全員鬼籍だし、両親の時の喪主は弟だし。
弟の嫁さんが着物で参列するのではない限り、無理。

そも、『働き』に借り出されるから、着物なんて悠長にはしてられん。



ブラックフォーマルのスーツもあるけど。
うーむ。
posted by KOKKOH at 16:09| Comment(4) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもながら遊ばせていただきました。
また 管理人さまと ある部分以外は まったくいっしょでした。
(誕生日の加減でしょうか?)
私に関しては かなり当たっていました(汗)

喪服が開運だなんて・・・すごい話ですよね。
でも 私の開運衣装は 全裸でした。
衣装ですらないし・・・。
こんな姿をさらけだしたら すべての運に見放されてしまう(T_T)
Posted by 如月カカシ at 2006年04月16日 23:55
いつも素早い反応を有難うございます。
「ある部分以外はまったくいっしょ」にホッとしてみたり。

「開運衣装が全裸」!
そりゃまた外へは出づらいお衣装で…。(衣装?)
だがしかし。
たんすの肥やしとなっている喪服と違って、全裸ならば。

「お風呂」とか「温泉」とかで脱ぎ放題です!!

ゆったりと長風呂をしろということですよ。
蓄えた運気は、湯上りに体温を失うが如くゆっくり放出していくのです。

充電式運気!しかも毎日。

……羨ましいです。
Posted by 管理人 at 2006年04月17日 07:32
あら!私は「強気」でしたのでKOKKOHさんと好相性ですわ〜。

KOKKOHさんの【ヒロイン的傾向】を読ませていただいて納得。
>基本的には恋愛に興味を示しません。
>相手のアプローチには当然気づいていますが
>「だから?」と一刀両断してしまいます。
うはははは!こういうタイプの人って男女問わずものすごい好きなんですよv

そして私の開運衣装は「白衣」KOKKOHさんの「喪服」とは
白と黒で対極ですが、だからこそ合うのかもvv
Posted by 夕月あおい at 2006年04月18日 22:08
ををををを、好相性とは嬉しいです♪
コレを機にデートにお誘いしてしまおうかしら、なんて。

恋愛に淡白なのは認めます。
淡白というか、現実とか、自分の将来のビジョンとかの方がウエイト高いのです。
(それで何度失敗?したことか…)

開運衣装が「白衣」ということですが。(笑)
今は作業着着用なので使っておりませんので。
ナース服(白衣)着用になりますか?

探せば学生時代のとかも出てくるような気が…。

薬剤師さんの白衣も持っていたのですが、友人にあげてしまったので。
Posted by 管理人 at 2006年04月19日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。