2006年05月06日

解かること

今やってる分野の課題で面白いと思ったのが幾つかあった。



凝集力の強い集団の場合。

集団からの要請が成員に受容されやすい。
成員間のコミュニケーションの頻度が高い。
成員同士が友好的で協力的である。
集団への定着率が高い。
成員の心理的安定度が増す。
ただし
集団としてのまとまりを強めようと努めるが生産性は低下する事もある。


シャクターの実験
集団から排斥されない為に集団全体の意見に同調しようとする。


リーダー論。
専制型リーダーの集団は、しばしばスケープゴートを作る。


対人魅力を規定する要因→相互返報性
↓ただし、受け手の自己評価とかけ離れた過剰な賞賛は逆に嫌悪感を招く。





どこまでが真実かは謎だけど。
自分の周辺やその他で当て嵌まって納得できたことがあるのも事実。
posted by KOKKOH at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17562349
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。