2006年09月18日

実は…

このバトン、受けるかどうかちょっと迷ってました。
例によって例のごとく、この方から頂いたのですが

>もちろん メインの回答は見えているのだけど


多分、このコメントを裏切る結果になりそうなので、罪悪感で…。
それとも、期待に応えているのかな。コレ。


この私に対してなので、ラブラブは期待されていないと思うのだけど。





それでも良いという方は↓。

「声優バトン」

Q1★貴方が声優を好きになったのはいつですか?
  (好きになった声優も答えて下さい)

1983年か1984年初頭。
生まれてはじめてアニメ雑誌を買って、声優さんチェックを始めた。
ちなみに、アニメージュ1985年8月号の付録は今でも手元にある。

好きなキャラの声の主を知ったのもこの頃。
確実に声優目当てで見始めた番組はスターザンスかビスマルク。
魔女っこ系にハマったのもこの頃で。(マミの後半ね)

相手はおっさん。
水.島.裕さん、ほぼ同時進行。
 

Q2★Q1の声優を好きになったきっかけは何ですか?

おっさん→ サイボーグ009再放送
水.島.裕さん→マミの俊夫


Q3★Q1で好きになった声優と今好きな声優はちがいますか?

そーねぇ。
同じといえば同じ、違うといえば違う、というか。


Q4★今好きな声優を好きになったきっかけは?

恋は突然やってくるものではないのですよ。
じわじわと侵食されて…気づいたら好きだった、てのはダメ?


Q5★貴方が苦手な声優はいますか?

職業声優さん以外で、各種アフレコに参加している人はだいたい嫌い。
あくまで、だいたい。
  

Q6★貴方が好きな声優1〜5位までを書いて下さい。(男女問わず)
  
おっさん
もりもり
おっきー
あきおちゃん
若本規夫さん

順番は、つけられないなぁ…。

後、番外で。
宮.田.幸.季さん。
声が好きと言うより、この方の演技と役に対する姿勢がものすごく好き。
役に対して、ファンに対して、ものすごく誠実。
イベントで何度か見かけて…気づいたのだけど。
そのイベントのメインの役のキャラになりきった声出し&発言を外さない。
素のトークをしているように見えても、サービスを織り込んでいるというか。
キャラのカラーから逸脱した発言はされない。

ファンが求めているイメージを、大事にしてくれている気がする。
そして、それを実行できるのが凄い。
(キャラのまんまでキャラソンが歌えるのは、羨ましい)


おっさんあたりは、色気キャラやってる最中に下ネタも辞さないからね。
それがいい悪いはともかく。
(私は、おっさん本人に完璧や役嵌りは求めていないし)

 

Q7★好きな声優さんに対して抱いている感情は次の内どれですか?

1恋愛感情
2憧れ
3ただ好き
4その他

4

恋愛感情は確実に無い。
「キャラ」と出会っていなかったらどうなったのか想像つかないから。

知っているのは「声」と「演技」とそのスタンスだけで。
素の人柄を知らない人に憧れようにも無理。

そして、ただ好きと言い切れるほど純でもない。
あ、若本さんは別格。あの声は、ホントに好き。


なので、消去法で。

…おっさんに関しては「ただ好き」という時期もあったにはあった。
ただ、長く見続け過ぎて、今、どんな感情なのかの整理がしづらい。
「コレクター」でもあるし。
ヅカで群舞踊ってる新人さんを発掘して育て終わった後の気分にも似てる。

「今更スッパリ辞められない」というのも、多分あるのだろうな。
負けず嫌いだから。
もったいない。



Q8★貴方は将来声優になりたいと思ってますか?

…釣書に堂々と記入できる安定した職業のがいいです。


Q9★このバトンを貴方が回したい人数だけ回して下さい

いつものごとく、アンカーで。
posted by KOKKOH at 07:57| Comment(2) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヘンに悩ませてしまったようなバトンですのに
回答してくださってありがとうございました。
お礼コメントがすっかり遅くなりまして(^_^;)

初めて好きになった声優さんのもうひと方は 意外でした。
思わず どんな役やってらしたか 真剣に考えてしまいましたよ。

好きな声優さんの番外の方には 大納得ですね。
まだまだよく知ってるとは言えないのですが
垣間見るだけでも 本当にすばらしいプロ意識ですよね。
私も この方はそういう意味で大好きです。

「ただ好き」を通り越してしまったKOKKOHさまの複雑な心境
なんとなくわかります。
ふだんの記事でも なんとなく「やれやれ」感?が感じられて
そんな諦めにも似たファン心理がすごくいいんですよねえ。

私 KOKKOHさまのそういうところのファンなのかなあ
なんて 再認識した次第でございます。
期待に応えてくださって 大感謝です。

最後の釣書には 大笑いでした。
Posted by 如月カカシ at 2006年09月23日 00:55
如月カカシさま
バトン有難うございました。
お体の方は大丈夫でしょうか?
季節柄、体調管理が難しい時期ですので。
是非是非ご自愛下さいませ。

水島さん、意外でしたか?
最近は昼の某番組でナレをされていますね。
…実は、私にとっても意外でした。(笑)

自分のアニメ暦をつらつら思い出してみたのですが。
「魔法少女シリーズ系」を見続けた原因って、「俊夫」の声の人だったなぁ…と。
今更ながらに自覚しまして。
その後が続かなかったのですけど。
(寮に入ってアニメを見なくなったのと、ベクトルがおっさんに傾いてしまったので)


甘酸っぱい、青春の思い出です。


「やれやれ」感
あるかも。…純にファンで居られたのはいつの話なのでしょうか。
悲しいことですが。

ものすごく真面目に考えた結果が「釣書」なのですけど。
一種のタレントさんで、人気商売で事務所の力関係も大きくて、人生に保障のない職業なので。

ただ、自分はなれないけど自分の周りに居る人に関しては応援してます。

ソレをずっと続けてこれた点では、おっさんは凄いと思いますね。

Posted by 管理人 at 2006年09月23日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23933319
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。