2007年01月21日

備忘録

1/21(日)そのに イロモノOVA編

「その気にさせてよMyマイ舞」<下巻>
…上巻にはおっさんが出ていないので持っていません。
ビックリしたのはAnimation製作がJ.C.Staffというところ。
のちに素晴らしい動きを産む製作会社がこーゆー仕事もしていたとは。
(ま、最近はすっかり萌え系なんだけど)
ついでに調べたら、原作者は「おしとね天繕」のお人でした。

おっさんの役は、美女にとりついたデーモン。単に悪役。淫魔じゃない辺りが健全?
普通にニヤけた悪役声だなぁ…。

タイトルがエッチな割に、若干露出は多いものの内容は全然エッチじゃなくて残念。(笑)
しかし、奇病を治すというドクター…。
どーみても「魔界都市新宿」の煎餅屋とドクターを足したよーな…。


「バイオ・ハンター」
確か、これはここ2年以内には見たはずなのだけど。
関俊さんとおっさんのコンビは、ジリオンやらシュラトやら。
帰り道やらナルチョでもお馴染みで。…実は結構好き♪

エチシーンから始まる物語。
女性がイキナリ化けて相手の男性を「食ってしまう」。文字通りに。
そして次は大学講師をつとめるおっさん。裏仕事先は先の女性を救うこと。
理路整然と語るナレーションがおっさん担当なのが嬉しい。
ちょっと頼りないところや優柔不断っぽい面もあるけど知的でソフトな声。


「真魔神人伝 バトルロイヤルハイスクール」
魔物は出てくるけどそうそうエロくはない…なんて書くと私が欲求不満のようだ。
ツキものとか魔道とかバケモノとか、ソッチ系。でも、SF要素もあるあたり無節操。
製作スタッフ見ていくと、今では監督として名を馳せている人がつらつらと。
某博のパビリオンのプロデュースをしたお人とか。

主人公は私的イメージはやってやるぜ@やおさん。
二面も三面もある。(ま、別世界の自分に憑依されているし)
おっさんは「黙ってて外見だけなら美少女で通用するかも」な、美形。

………あ、おっさんのキャラが女妖魔に逆襲@ヤられた。がーん。
のっとられた挙句、BODYも声も女妖魔になってしもーた。
情けない…。
最後はやおさんに両腕もがれ、首を落とされ、大爆発。

さらに、他のキャラは「異空間の出来事」という事でラストに復活する場面があるのだけど。
おっさんのキャラの消息は出ない、というか、そのままご昇天……?(泣)


「寒月一凍 悪霊斬り(上)」
この作品、巻によってキャストが違うんだよねぇ。確か。
キャストで驚いたのは妖刀伝前半で蘭○だったお方が(多分陰間で)いたこと。
こーゆー役、お似合いだねぇ。
最近スッパリ名前を見ないけど。
後は、かわら版売りでデラさん(山ちゃん)がいた。流石の七色ボイス。

エチぃシーンが随所にあるけど、おっさんのキャラは小説家探偵みたいな。
見た目は新釈・眞田〜の佐助のドロ臭さを消したかんじ。
飄々としていて、かつ、腕は立つ。
ただの戯作者が密偵を使ったりやたら腕が立つ理由は上巻の中では出てこなかった。ちっ。

あちこちのいい女に好かれ、アプローチを受けつつ誰のものにもならない。
声の感じはソフトな二枚目半正義系。


「修羅之介斬魔剣−死鎌紋の男」
これも、下巻は出ていないだったか別キャストな記憶が…。

あのーーっっっ。
今まで着流しでのフン(褌)チラアクションは多数見て参りましたが。
「ふんどし一丁で戦う剣士」というのは初めて見ます〜〜〜。
(しかも、自分を狙ってきた女スリとしっぽり懇ろになった直後というのが、また…)
(何故女は全裸でアナタはキッチリ褌と晒を締めてますかねぇ)

今にも首を刎ねられる姫君が、助けに来た見ず知らずの主人公に
「恋とは何?」だの、
「私は恋を知らずに死ぬ」だの。
…ナニ言ってるんですか。それもまたえらくまたポエミィ。思わず大笑い。

そして、敵に秘宝をあっさり渡して逃走する主人公ってのもな〜。

因みに、おっさんボイスはひたすら超低音の二枚目カッコつけ。

物語の詳細については、下のBlogさんの解説が大変お詳しいので、是非。

http://hikawa.cocolog-nifty.com/hyoron/2006/12/post_5b68.html
posted by KOKKOH at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。